星5つ

映画「不能犯」感想 贅沢なキャスト陣も原作を活かせず評価は微妙

宮月新原作、神崎裕也作画による日本の漫画作品。 『グランドジャンプ』(集英社)にて、2013年10号より連載を開始。 dTVオリジナルドラマが2017年12月22日より全5話で配信。2018年に実写映画化。 感想 贅沢なキャスト陣 『僕たちがやりました』陣 新田真剣…

映画「フィフス・エレメント」感想 SFの金字塔 未来世界の代名詞となった映画(ネタバレあり)

1997年の、フランスSF映画。リュック・ベッソン監督画。 主演は、ブルース・ウィリス、ミラ・ジョヴォヴィッチ、クリス・タッカーなど。 フィフス・エレメントの意味は、「5つ(め)の要素(元素)」。 (以下ネタバレを含みます)

映画「2001年宇宙の旅」感想 人間の創作力の限界に挑む(ネタバレあり)

アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックのアイデアをまとめたストーリーに基いて製作された、SF映画およびSF小説。 映画版はキューブリックが監督・脚本を担当。 1968年公開作品。

映画「トゥルー・クライム」あらすじ感想 1999年クリント・イーストウッド作品

監督・主演はクリント・イーストウッド。1999年の映画。 アンドリュー・クラヴァン原作のサスペンス小説『真夜中の死線』が原作。

映画「スナッチ」感想 ながら見くらいだと楽しめる映画

2000年公開の、イギリスとアメリカ合作の犯罪コメディ映画。 マドンナの元夫でもあるガイ・リッチー監督。ベニチオ・デル・トロ主演。

映画「シャンハイ・ヌーン」 あらすじ感想 ジャッキー節炸裂のハリウッド映画(ネタバレあり)

プリンセスを救出する、屈強の近衛兵のかばん持ちとして一行に加わった、チョン・ウェンに扮するジャッキー・チェン。 ひょんなことからチョンと行動をともにする頼りないアウトロー、ロイ・オバノンには『アルマゲドン』『ホーンティング』のオーウェン・ウ…

映画「ジャンヌ・ダルク」感想 憑依型女優ミラ・ジョボビッチのはまり役

『レオン』『フィフス・エレメント』の、俊英、リュック・ベッソン監督が、歴史上最も有名なヒロインに挑んだスペクタル・アクション。 ミラ・ジョボビッチ主演。

映画「シザー・ハンズ」 あらすじ感想 ジョニー・デップの出世作

1990年のアメリカ映画。 主演のジョニー・デップ、この時27歳。

映画「鮫肌男と桃尻女」感想 桃尻女はココリコ田中元嫁の小日向しえ(ネタバレあり)

望月峯太郎による漫画が原作。 (以下ネタバレを含みます)

映画「インビジブル」あらすじ感想 世界一金をかけたAVからターミネーターまで(ネタバレあり)

透明人間になる方法をついに編み出した科学者達の話。

映画「インサイダー」あらすじ感想 登場人物・会社及び団体等が全て実在する問題作(ネタバレあり)

アメリカの実在の事件を基に作られ、登場人物、会社及び団体等が全て実在するという、全米に様々な波紋を投げかけた問題作。

映画「キングスマン:ゴールデン・サークル」感想 制作費一億ドルの圧巻CGアクション(ネタバレあり)

前作「キングスマン」のヒットを受けて制作された第二弾。 (以下ネタバレを含みます)

映画「ザ・サークル」感想 世にも奇妙な物語的映画(ネタバレあり)

24時間生活を全世界に可視化させたらどうなるか、という映画。 デイブ・エガーズの同名小説『ザ・サークル』を元に映画化したもので、こういうのをユートピア(理想郷)の逆、ディストピアと言うらしい。 (以下ネタバレを含みます)