鷺谷政明の神映画レビュー

ゴッドファーザー好きな人向け

映画「DEAD END RUN」感想 最後のFLYだけずば抜けていい。他の2つは観なくていい

f:id:sagitani_m:20191022220154j:plain

2003年の映画。

難しい所を狙いすぎ

この映画はLAST SONG、SHADOWS、FLYという、3つの短編で構成されてる映画なんですが、最初の二つ、LAST SONG とSHADOWSの段階で言えば星はゼロです。ひどい。

『きょうのできごと』なんかと同じで狙いはいいんですが、でもいいのはその狙い所、というだけで、全く完成されていない。

意味がわからないし、スタイリッシュでも何でもない。カッコイイとこなんて1つも
ない。音楽も中途半端だし。

もちろん、邦画でこういう作品を成立させるのはすごく困難なことだとは思います。

なので監督の勇気は認めますが、大失敗だった、という。

伊勢谷祐介もまだこの頃は演技がちょっと。。

FLYだけ異常に良い

でも最後のFLY。これはずば抜けていい。

これぞ短編映画。ショートムービー。スタイリッシュムービー。

FLYは面白かった。

浅野忠信さんの芝居が圧倒的。あの短時間で、何となくでもあの逃亡犯のキャラを確立させることに成功してる。あの屋上のシーンはもっと伸ばしてもいいと思った。

それと、あそこまでわざと画をぶらさなくてもいい。全体的なあの演出がかった映像も良いんですが、もうほんのちょっとでいいからブレを減らして観やすくして欲しかった。

最後のFLYだけで言うなら星は7か8はいきます。

だから、総合的に5かな、と。

「DEAD END RUN」評価

★★★★★☆☆☆☆☆