映画「シャンハイ・ヌーン」 あらすじ感想 ジャッキー節炸裂のハリウッド映画(ネタバレあり)

f:id:sagitani_m:20180524132142j:plain

プリンセスを救出する、屈強の近衛兵のかばん持ちとして一行に加わった、チョン・ウェンに扮するジャッキー・チェン。

ひょんなことからチョンと行動をともにする頼りないアウトロー、ロイ・オバノンには『アルマゲドン』『ホーンティング』のオーウェン・ウィルソン。

そしてプリンセス役には『チャーリーズエンジェル』で大ブレイクしたルーシー・リュー。

最高のキャスティングでまた新たなジャッキー伝説が生まれた。

(以下ネタバレを含みます)

 感想(ネタバレ)

ジャッキー節炸裂

前作『ラッシュ・アワー』に続きハリウッドで大成功をおさめたジャッキー・チェン。

この映画もなかなか面白かった。

笑いあり、友情あり、救出劇あり、アクションありという、ジャッキーの十八番が満載だった。

前回の相棒クリス・タッカーもよかったけど、今回のオーウェン・ウィルソンもよかった。容姿もいいし、3枚目の役もよくはまってた。

作りがしっかりしてる

それからやっぱり、映像効果やカメラワークなんかが香港映画の時とは違う

ストーリーにしてもそうだけど、やっぱり全体的にしっかりできている。

いい意味で、大衆(世界)向けに、見やすく作られている。

クライマックスがおかしい

ただ、クライマックスのシーンで、ジャッキーが同僚の近衛兵と闘うのが意味不明だった。

勅命に背いたから、という名目はあるけど、姫君はそれを燃やしてるわけだから。

で、闘った後に「チョン、これを使え」って武器を貸してあげてるし。

あれはどう見てもアクションシーンを見せたかっただけなんだろう。

確かに最後のほうまで、いつものような長いジャッキーの格闘シーンはそんなに出てこなかったし。

ジャッキーハリウッドへ行く

スクリーンの中で何十年間も走り続けてきて、遂に実力だけで世界進出を成功させた。

過去には、『バトル・クリークブロー』とか、進出失敗という経験だってある。

韓国映画を始めとして、世界の中でアジア映画もすっかり定着したけど、全ての第一人者は、アジア圏ではやっぱりジャッキー・チェンだ。

「シャンハイ・ヌーン」評価

★★★★★☆☆☆☆☆