鷺谷政明の神映画レビュー

ゴッドファーザー好きな人向け

映画「あずみ」感想 北村龍平監督の凄さがわかる映画

f:id:sagitani_m:20191022230126j:plain

原作は、小山ゆうの漫画。2003年公開。

監督の力が大きい

この映画に出演している人で見事な殺陣を見せてくれる人は少ししかいないし、演技っていった部分でも同様で。

それなのに殺陣のシーンはなかなか見事に仕上がっていました。これは北村龍平監督の力

もちろん主演の上戸彩を始めとする演者達の努力も伺えます。でもそれだけではおそらくここまで見事な映像にはなっていなかったでしょう。

オダギリジョーがすごい

それからオダギリジョーには驚きました。こんな引き出しもあるんですね。

わかりやすいキャラ設定ですが、オダギリジョーがああも普通にあの役をやるとは。てっきりミッチーかなんかかと思った。

この人はどの映画に出ても抜群の存在感を放つからすごい。

ストーリーが

この映画はストーリーなんてあってないような映画ですが、もう少しストーリー性があった方が殺陣も生きてくると思いました。

例えば冒頭の仲間を殺すシーンも、もっと仲の良い描写をしておいても良かったと思うし、大道芸の娘に恋する下りももう少し掘ってもいい。

「あずみ」評価

★★★☆☆☆☆☆☆☆