映画「レザボアドッグス」感想 タランティーノは脚本力が足らんつーの

f:id:sagitani_m:20190607204351j:plain

1992年のアメリカ映画。

クエンティン・タランティーノが、監督・脚本・出演の三役を務めた映画。

タランティーノのデビュー作品。

いつも一つ足りない

個人的にタランティーノ作品はあんまり好みではないです。

タランティーノ映画には、いつも何か1つ足らないと思う。材料は相当いいのに。

この映画の場合は明らかにストーリーの詰めが甘いと感じたんだけど、ファンはそう感じないのだろうか。

演出は完璧

設定や、出演者の動かし方、そしてあのタランティーノ特有の時間軸、見せ方、どれもいい線行ってるのに、肝心のストーリーがダメだ。

中途半端な段階で、裏切り者はわかってしまうし、ラストなんてグダグダだ。

タランティーノは多分、空気感や雰囲気で映画の構想が思いつく人なんではないか。

こういう雰囲気が漂う映画、みたいな。

だから全体的な雰囲気は、やっぱり他の映画と違うところがあって、ありがちなストーリーでも、観客をひきこませることができる。

でもストーリーがいまいちだから、やっぱりしっくりこない。

ひきこまれてただけに、後半に行くに連れて、だんだん興味が薄れてくる。

是枝監督的であり、三谷幸喜的ではない

脚本家をちゃんと起用するか、原作があるものを監督したほうがいいような気がする。

是枝裕和監督のようであり、三谷幸喜さんのよな脚本力は決してないわけで。

どうせだったら、あの倉庫の中だけで、ずーっとみんなでギャーギャーやってほしかった。実際の強盗のシーンなんかも出さないで、行く前と、行ってきた後だけを見せて、
実際に何があったかは、演者達の会話だけで、観客に推測させていきながら、裏切り者を、スクリーンと一緒に考えていく。

この映画の脚本を三谷幸喜さんがやってたら、絶対おもしろくなってたと思う。

タランティーノは脚本はやらない方がいいよ。出演も。

監督業に専念した方がいい。

まあ、これデビュー作なんだけどね。でもだからこそ、すごく本人の長所と短所が色濃く出てると思う。

「レザボアドッグス」評価

★★★★★☆☆☆☆☆