映画「フィフス・エレメント」感想 SFの金字塔 未来世界の代名詞となった映画(ネタバレあり)

f:id:sagitani_m:20180601195559j:plain

1997年の、フランスSF映画。リュック・ベッソン監督画。

主演は、ブルース・ウィリス、ミラ・ジョヴォヴィッチ、クリス・タッカーなど。

フィフス・エレメントの意味は、「5つ(め)の要素(元素)」。

(以下ネタバレを含みます)

感想

見事な美術

舞台は2260年の未来都市。

だだのタクシードライバー、コーベン(ブルース・ウィリス)が、なんだかんだで、最後はまた、ブルース・ウィリス、世界を救うという映画で、このおっさん、何回地球を救ってくれたんだろうという。

この映画の未来設定とか、衣装、背景なんかの、多彩な色使いとか、美術のクオリティがかなり高く、このあたりが未来世界の代名詞になっている所以だと思う。

未来の話しでは必ず「フィフス・エレメントみたいな…」と出てくる。

空飛ぶ車はベタだけど、でもやっぱりあれがあると未来って感じがする。

おもしろいキャスト

クリス・タッカーのオカマが見事だった。

ちゃっかりスチュワーデスとなんかやってたりする。

あと、ゲーリー・オールドマン。

妙な悪役だったけど、やっぱりこの人はどんな役でもなりきる。

映画としては

とにかくその世界観は見事だったけど、ストーリーはたいしたおもしろさはなかった。

それでも、この映像は何度でも観れるクオリティなので、テレビでやっていたら見るだろう。

「フィフス・エレメント」評価

★★★★★☆☆☆☆☆