鷺谷政明の神映画レビュー

ゴッドファーザー好きな人向け

映画「ストーリー・オブ・ラブ」あらすじ感想 離婚が多い現代でこそ観るべき恋愛映画

f:id:sagitani_m:20180524135735j:plain

『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ライナー監督、音楽はあのエリック・クラプトンが担当。

1999年公開のアメリカ映画。

あらすじ

ブルース・ウィルス演じるベン・ジョーダンと、ミシェル・ファイファー演じるケイティー・ジョーダンは、結婚15年目の夫婦。子供は二人。

思いっきり倦怠期なところから映画は始まる。

恋愛のゴールが結婚だとすれば、結婚生活のゴールはどこか。

愛し合っていた二人の男女は結婚し、夫婦となり、子供が産まれ、家庭を築き、やがてどうなるのか。

この映画は、そんな結婚生活の生々しい程の現実がリアルに描かれている。

それは大半が、幻滅する現実…。

感想

二人の演技が素晴らしい

ブルース・ウィリスとミシェル・ファイファーという、ベテラン、一流俳優でありながら、ものすごく一般的な夫婦に見えるところが素晴らしい

「こんなカッコいい夫婦いるわけねーだろ」という邪念を極限まで落とし、本当に一般人目線で丁寧に描かれている。

さすが『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ライナー監督。

…ちなみに監督、ベンの友人役で、スタンという役名でちゃっかり出てる

見た人、気づいたでしょうか。

ラブストーリーは一人で観るもの

非現実的な映画のラブストーリーも素敵だとは思うけど、やはり自分の身近なものに置き換えられるラブストーリーは、すごく現実味を帯びてくるし、感動も大きい。

なので、非現実的な映画のラブストーリーは恋人や夫婦で見てもいいけど、この映画のように、非常に現実的なラブストーリーは、一人で観たほうがいい

そのほうが、相手の大切さにも気づけるだろう。

一緒に観ちゃうと、最悪、ギクシャクする可能性がある。

離婚が多い現代

人間には「飽き」や「慣れ」が必ずある。

それは恋愛の中でもそう。

だから倦怠感や浮気や不倫、喧嘩は必ずある。離婚という結末もある。

ある意味、この映画は綺麗事抜きで、愛の行方が見えるもの。

離婚が多い今こそ、こういう映画を観たほうがいいのかもしれない。

『スタンド・バイ・ミー』で青春を探し、『ストーリー・オブ・ラブ』で普遍的な愛を探す。

地上波とかでやるといいんじゃないでしょうかね。

「ストーリー・オブ・ラブ」評価

独断評価 ★★★★★★★★☆☆