映画 「フルメタルジャケット」感想 伝えたかったことはエンディングのシーン

f:id:sagitani_m:20190506014057j:plain

ベトナム戦争を題材にした、1987年のアメリカ映画。

監督はスタンリー・キューブリック。

(以下ネタバレを含みます)

感想がバラけるキューブリック作品

キューブリック映画は、語れば語るほど嘘くさくなる。

この人の映画は、理屈で観るものじゃないのかもしれない。

映画通をはじめ、多くの人が、キューブリック映画を分析してるけど、なかなか同意見の人はいないし、納得いく解説をしてる人もまた見たことがない。

それだけ、観る人によって感じ方が違うということであり、それくらい人に何かを考えさせる、ひきつける力を確実に持った監督だということは間違いない。

また、キューブリック映画は、音楽のチョイスが特殊だ。

音楽が映画の描写の手助けをすることは多いけど、キューブリック映画は状況説明に音楽を使うという感覚とは少し違う。

狙撃兵の少女

この映画は、あのラストシーン。

憎き狙撃兵は、なんと少女だったというオチ。

見えない所からなら原爆だって落とせるくせに、目の前の苦しむ1人の少女に、兵士達は戸惑う。

あれこそが、この映画が伝えようとしていた、戦争の実態みたいなものが集約されてるのではないかと感じた。

「フルメタル・ジャケット」評価

★★★★★☆☆☆☆☆