映画「ジャンヌ・ダルク」感想 憑依型女優ミラ・ジョボビッチのはまり役

f:id:sagitani_m:20180523174232j:plain

『レオン』『フィフス・エレメント』の、俊英、リュック・ベッソン監督が、歴史上最も有名なヒロインに挑んだスペクタル・アクション。

ミラ・ジョボビッチ主演。

あらすじ

15世紀、イギリスとの戦争に明け暮れるフランスに現れた、17歳の少女ジャンヌ・ダルク。

「神の声を聞いた」というジャンヌは、劣勢のフランス軍を率いて奇跡的な勝利をおさめる。

だが栄光も束の間、彼女には過酷な運命が待ち受けていた…。

感想

史実との相違点

この映画は当時、結構賛否両論だった。

この映画に登場するジャンヌ・ダルクは完全に神がかっていて、そういった面も含めて、「史実とは随分異なっている」みたいな声があがってた。

結局、歴史だとか史実というのは、幾つか説があるわけで、リュック・ベッソンから見たジャンヌ・ダルクは、この映画のとおりなんだろうし、司馬遼太郎から見た坂本龍馬が『竜馬が行く』なんだろうし、またそれは見る人が変われば変わるんだろうし。

憑依型女優ミラ・ジョボビッチ

CGに頼らなかった迫力の戦闘シーンは見応えがある。

なんといってもジャンヌ・ダルク役のミラ・ジョヴォヴィッチの迫真の演技。

本物のジャンヌ・ダルクが憑依していたんじゃないかと思わせる。

この人、『フィフス・エレメント』のときも、特異な役柄だった。

日本だと、蒼井優的な。

他にも、ダスティン・ホフマン、ジョン・マルコヴィッチなど、米仏スターの競演も見所。

そしてはやっぱり「Follw me!」は痺れる。

今だとTwitterの意に転用される。

監督とできちゃったジョボビッチ

ミラ・ジョヴォビッチは、リュック・ベッソンと一度結婚して、で、離婚してる。

ベッソン監督は、結構、主演女優をヤッちまう癖があるらしい。

広末涼子『WASABI』は大丈夫だったかね。

「ジャンヌ・ダルク」評価

 ★★★★★☆☆☆☆☆