映画「ブロークン」感想 アルパチーノファンがまったり観る映画

f:id:sagitani_m:20180423023655j:plain

哀愁のアル・パチーノ。

感想

作品を選ぶアル・パチーノ、選ばないデ・ニーロ

大作でなくとも、アル・パチーノは出る作品を吟味している気がする。

この映画は前のめりになって鑑賞する映画ではない。

自宅で休日、とりあえずかけておく程度で観るのがちょうどいい。

アル・パチーノの渋さが滲み出ていて、まったり楽しめる。

アル・パチーノファンじゃない人が観たら、普通に「つまらない映画」とされると思う。

でもファンとしては、やっぱり新作は見たいわけで。

かといってロバート・デ・ニーロみたいに、なんであんたそんな役やってんの、みたいな役はやってほしくないわけで。

『オーシャンズ13』のオーナー役なんかすごい良かったよね。

アンディ・ガルシアと対峙するところとか「おお…!新旧ゴッド・ファーザー…!」という。

でもこれももう、10年前の話なわけで…。

スカーフェイスの一人オマージュ?

ラスト、「THE WORLD IS YOURS(世界は君のものだ)」と話しかけるシーンはグッときた。

これはスカーフェイスの一人オマージュだ。

一人オマージュって言葉変だな。

セルフオマージュ? 

「ブロークン~過去に囚われた男~」評価

★★★☆☆☆☆☆☆☆