映画「8人の女たち」感想 カトリーヌ・ドヌーヴ主演フランソワ・オゾン監督のフランスミュージカル映画

f:id:sagitani_m:20190510202435j:plain

フランスの劇作家ロベール・トマ作の戯曲。1961年8月28日にパリのエドワード7世劇場で初演。

本作は、2002年にフランスで制作。監督はフランソワ・オゾン。

ミュージカルか…

どうしてもミュージカルが苦手なので、、、

なんとか見れたミュージカル映画はビョークの『ダンサー・イン・ザ・ダーク』くらいで、とにかく苦手だから『ラ・ラ・ランド』とかも全然ダメだったわけで。

少ない出演者達だけで、同じ場所だけでずーっと見せるという演出・手法は好きなので、楽しめたは楽しめたけど、でも結局元が舞台だから、そういう作りになったのでしょう。

だから演出も演技も、どこかミュージカルがかった感じが終始してて。

フランソワ・オゾンとは思えない

それでもストーリー、物語の組立ては良かったです。

『スイミング・プール』と同じ監督とは思えないけど、ミュージカルでも楽しめたのは、フランソワ・オゾンだったからなのかもしれない。

「8人の女たち」評価

★★★★★★★☆☆☆