映画「インストール」感想 綿矢りさ原作、子役は神木隆之介、上戸彩主演

f:id:sagitani_m:20190510203546j:plain

原作は綿矢りさの中編小説。

2001年、第38回文芸賞を受賞した当時17歳の作者のデビュー作。発行部数50万部のベストセラー。2004年映画化。

神木隆之介と上戸彩

原作の独特の空気感を損なわずに、すごく上手に映画化されてる。

主演の2人も、結構難しい役どころを、うまい距離感で演じてる。

このときの子役が神木隆之介だからなあ。子役から活躍してて、今なお俳優としても現役バリバリって、いそうでいない存在。

上戸彩もさすが『金八先生』で性同一性障害の役を演じきっただけのことはあって。

すごくキャスティングがよかったね。

アドリブあってもいい?

撮り方も、あの固定カメラがよかった。

どうせああいうカメラワークなら、神木隆之介の部屋とか、あの押入れの中で、2人のアドリブとかで引っ張ってたら面白かったんじゃない。

あの距離感さえ保っておけば、下ネタトークで見せられるんじゃないかな。

あと、途中ちっゃかり『蹴りたい背中』の本が出てたね。

「インストール」評価

★★★★★★★☆☆☆