鷺谷政明の神映画レビュー

ゴッドファーザー好きな人向け

映画「スイミング・プール」 毎年夏になると観たくなる神映画

f:id:sagitani_m:20190509000428j:plain

2003年のフランソワ・オゾン監督の映画。

綱渡りの作り方が全部成功してる

登場人物が少なく、映像(構図)がキレイで、キャスティングが合っていて、あざとい起承転結がなく、それでいて奥行きがある。

一見不自然なカット割りや、突拍子もないカメラの切り替えも、一歩間違えると単に見づらくなってしまうギリギリのラインを(おそらく)意図的におこなっていて、この違和感こそが、この映画のみが持つ独特の不思議さを醸し出しているんだと思う。

不思議な心地よさを得る読後感

この映画は見終わると、何とも不思議な気分に包まれる。

特に中盤から迫ってくるあの緊張感はすごい

下手なホラーものより怖い。

そしてラストの何分間かで、今まで観たものが全てひっくり返され、全くわけがわからなくなる。

これは誰でもそうだと思う。えっ?と思う。

肝心なのはこの後で、普通は「なんだこのラスト、よくわかんねーよ」となるんだけど、「えっ?えっ?なんだったの?なになに?」とさせられるかどうかが重要で。

映画監督はみんなこれをしたがる。

でも、たいていは客の心を掴み切ることができず、単なる愚作と難癖をつけられてしまうんだけど、この監督は見事にそれをやってのけた

観た人はみんな引きこまれると思う。

この映画を観て、完全にフランソワ・オゾンのファンになってしまって、他作品も全部観たけど、やっぱり『スイミング・プール』が一番良かった。シャーロット・ランプリングのファンにもなってしまった。

毎年に夏になると、この映画を観たくなる。

「スイミング・プール」評価

★★★★★★★★★★ 神