映画「容疑者室井慎次」感想 君塚良一のすべらない映画

f:id:sagitani_m:20190510195355j:plain

『踊る大捜査線』のスピンオフ映画として2005年に公開。

国民的映画のスピンオフ

君塚良一(監督・脚本)作品は、絶対星5を越えるつくりになりますからね。

つまらないものは絶対に作らない。やっぱり面白かった。

『踊る大捜査線 2』は、歴代の国内実写映画興行収入ランキングで1位なので、『交渉人真下正義』しかり、こういうことも全然できる。スピン・オフシリーズが。

もはや国民的映画として位置づけされてる。

メッセージ色が強い

本作は主演が違うから、若干いつもの「踊る~」シリーズとはタッチが違う

『真下~』もそうだけど、痛快エンターテインメント!というよりは、ストーリーがちょっと入り組んでたりする。

メッセージ性を持たせるのも君塚さんの持ち味だけど、もうちょっと解説が欲しかったかもしれない。

あんまり法律系のことばかり持ち出されても、ちょっとついていけなくなるし、観客は、別に法廷映画を期待してるわけではない。

リアリティかわかりやすさか

それに、あの新宿北警察署も、いくら新宿っていったって、あんな警察署あるかな。

最後の法廷チックなシーンでも、こんなのあるかな、と思ってしまったり。

少しリアリティに欠ける部分が多々あり、その上話が難しい部分があるから、ちょっと評価は低め。

「踊る~」もリアリティに欠けるけど、話は決してややこしくなかったので。

「容疑者室井慎次」評価

★★★★★★☆☆☆☆