鷺谷政明の神映画レビュー

ゴッドファーザー好きな人向け

映画「下妻物語」感想 主演のあの人以外はほぼ完璧の映画

f:id:sagitani_m:20191022225030j:plain

原作は嶽本野ばらによる小説。物語は茨城県下妻市が舞台。

2004年公開。

完璧なキャスティング

細部に至るキャスティングと使い方が良かった。かなり贅沢な使い方。

樹木希林さん、阿部サダオに生瀬さん。小池栄子に矢沢心。宮迫の使い方もうまいし、篠原涼子もしっかりおさえてある。

ここまでやっちゃったんなら、岡田義徳のところ、藤井隆でよかったんじゃないですかね。

中島哲也出世作

それから、演出。映像。カメラワーク。

どれもこの下妻物語という作品の映像化にうまくはまっていた。

これは個々の力が優れていても実現はしなかったでしょう。

制作班のクリエイト的なチームワークがかなり成功した。

それから音楽。

この映画に合うオープニングやエンディングに流す曲の選曲は簡単ですが、中盤にチョイチョイかける音楽のチョイスも見事だった。

主演のあの人が

主演の二人に関してですが。

フカキョンは問題ないですよね。何だかんだいってもフカキョンもキャリアがあるし、
あのキャラクターは地でいけると思うし。

やっぱりちょっと難しかったのが土屋アンナ。ビジュアル的には問題ないんですが、やっぱり話し方がちょっと。ただ、あの素人臭い感じがかえってリアルだともとれなくもない。

そうやっていい方向に転がった理由は声ですね。土屋アンナの声質がヤンキー声だったからギリギリ助かった。

「下妻物語」評価

★★★★★★★☆☆☆