鷺谷政明の神映画レビュー

ゴッドファーザー好きな人向け

映画「きょうのできごと」感想 行定勲監督の失敗作

f:id:sagitani_m:20191022215510j:plain

柴崎友香の小説が原作。2004年公開。

監督は『GO』の行定勲。

こんな若者いない

この監督がやりたかったことはなんとなくわかるんですが、見事に失敗してる。

これはつまらなかった。

狙いはかなり素晴らしいと思いますが、この映画を誰に見せたいのか、どの辺の層を狙ったのか、どういう人達に観てもらいたかったのか。

ともかく、こんな若者達はどこ探してもいないと思う。どういうテンションなんだこいつらは。

大阪とか京都の人達はこんな感じなんですかね。そもそも何で京都にしたのか。関西弁の必要があったとも思えない。

キャスティングも失敗

それにキャスティングもひどい。主演の二人がもう違う

この映画には必要ないです。

特に田中麗奈はひどかった。ひどかったし、この主演二人は恋人同士とは全然思えない。

個々のキャスティングも悪いし、恋人のキャスティングもひどい。

さらに言うと、笑いの描写も下手です。

微妙な倒置法や関連性、結びつきなんかはまあ、教科書通りで観やすかったですが、
何でしょう、『マグノリア』みたいなこともしたかったんですかね。

座礁した鯨と女子高生は、完全に監督の好みでしょう。あの画が欲しかっただけという。

なぜなら、あの画はかなり感覚的に古い人が好む構図だから。

あの女子高生だってそう。

あのダッフルコートの色といい、全体的な色彩感覚のバランスも、みんな一昔前の監督の好みという感じがします。

ただ、こういった、話に起承転結がなく、平穏、というか、虚無感、虚無感じゃないけど、雰囲気で魅せる、みたいな方向は冒険というかチャレンジ精神があっていいと思います。

いつか、成功させてほしい。こういう映画は、あんま邦画じゃまだあんまりないから。

「きょうのできごと」評価

★★☆☆☆☆☆☆☆☆