映画「バイオハザード」感想 トゥームレイダースの勝ち(ネタバレあり)

f:id:sagitani_m:20180531053539j:plain

2002年公開のアメリカ映画。

日本のゲーム『バイオハザード』を原案とした、サバイバルアクションホラー映画。

(以下ネタバレを含みます)

感想

ミラ・ジョボビッチに暴れさせろ

ミラ・ジョヴォヴィッチの鬼気迫る表情や、ハスキーながなり声もいいし、キャスティングっていった意味では間違いなかった。

もっとミラに暴れさせてほしかった

ゲームのバイオハザードだって、爽快感みたいなのも1つの楽しみなはずなのに、この映画にはその爽快感があんまりない

余計なストーリー設定

中途半端な記憶障害とかいうストーリーなんかいらないから、いっそのことミラを最強にしてしまって、ゾンビ達をバッカバッカ倒していく画が観たかった。

だから、あのケルベロスのシーンなんかはおもしろい。

ミラがカッコイイし、観てて爽快だ。

トゥームレイダースの勝ち

ゲーム原作というところでいえば、やはり『トゥームレイダース』が挙げられるけど、ミラ・ジョボビッチもアンジェリーナ・ジョリーもいいのに、『バイオハザード』は監督が良くなかった。

ミラ・ジョヴォヴィッチの本領発揮されなかったという感じ。

ミラ・ジョボビッチ=薄着

しかしミラは、薄着が多い。

『フィフスエレメント』でもそうだったけど、薄着っていうか、もう、紙一枚しか身につけてない、みたいなことが多い。変にエロくないし。

胸や股間も、チラッと見える。もちろん、はっきりとは映らないけど、何度かそういうシーンがある。この監督は、むしろそっちの方が上手かった気がする。


「バイオハザード」評価

★★★☆☆☆☆☆☆☆