映画「π(パイ)」感想 頭が数学モードの時に観る映画

f:id:sagitani_m:20180531053156j:plain

1998年に公開のアメリカ映画。

感想

何やようわからん。

観てる時は、映像がすごい独特で、結構引き込まれて観てたんだけど、結局、何だったかはよくわからなかった。

人ってたまに、数字の魅力に取り憑かれることがある。

ああ、だから、これってこうなるのか、とか、だからそうなるのか、など。

頭が数学モードのときに観ると、もう少し興味を持てたのかもしれない。

「π(パイ)」評価

★★☆☆☆☆☆☆☆☆