2019-03-04から1日間の記事一覧

映画「検察側の罪人」感想 原作と違った最悪な結末(ネタバレあり)

原作は雫井脩介による日本の小説。 『別册文藝春秋』の2012年9月号から、2013年9月号まで連載され、2013年9月に文藝春秋から単行本が刊行。 (以下ネタバレを含みます) 感想 導入がわかりにくい ありえない結末 木村拓哉の不遇 観れる画力 プロデューサーの…