鷺谷政明の神映画レビュー

ゴッドファーザー好きな人向け

映画「マシニスト」感想 実話じゃないけど30kg痩せたクリスチャンベールは本当の話

f:id:sagitani_m:20190607193847j:plain

2004年製作のサスペンス・スリラー映画。監督はブラッド・アンダーソン。

メメントとの比較

この映画は『メメント』と比較されることが当時は多かった。

ストーリーは『メメント』のほうが上だけど、映像はマシニストのほうが上。

監督は随分好きに撮影したようだけど、かなりセンスがいい。

昼間でも不気味さを出せるこの技量。まるで『あなたの知らない世界』的な。

このゾクゾク感を極めると、フランソワ・オゾンの境地に行ける。

クリスチャン・ベールの役作り

また、この映画は主演のクリスチャン・ベールの役作りも話題になった。もう表紙がそれだからね。

wikiによれば、

1年間眠っていない主人公を演じるため、クリスチャン・ベールは30キロ近く体重を落とし、まるで骸骨のようになり話題になった。後述にもあるように彼は『バットマン ビギンズ』のオーディションのため、『マシニスト』撮影終了後、4ヶ月で体重を元に戻さなければならなかったという。

クリスチャン・ベールは4ヶ月の間、毎日りんご1つとツナ缶1つで過ごし、54.4キロまで体重を落とした。ベールは45キロまで落とそうとしたが、彼の健康を憂慮した周りによって止められたという。

 とある。

ちなみに身長は183cm。

183cmで54kgとか。さらに45kgまで痩せようとするとか。

いわゆるこういったデ・ニーロ・アプローチができるのって本当に若いときだけだよね。。 

「マシニスト」評価

★★★★★★☆☆☆☆