ドラマ「白い巨塔」2019第二夜視聴率 外されたあの名シーン、母性がないケイ、スキップしそうな大河内教授

f:id:sagitani_m:20190521124848j:plain

まずはこちらの記事を。

sagitani-eiga.hatenablog.com

第一話の視聴率・感想

第一話の感想はこちら。

sagitani-eiga.hatenablog.com

野坂教授に市川実日子という奇策

前回なかったポイントを入れてくるのはおもしろいという話をしたが、第二話では、野坂教授に市川実日子を配置してくるあたりも実にユニークで良かった。

ものすごく正しい逃げ方という気がする。

そこで前回になかった話を膨らませていくんだろう。

これは好手。

とにかく2003年版と戦ってはいけない。

不遜すぎる財前五郎

ただ、二話目まで見て感じるのは、財前五郎がちょっと不遜すぎるという点。

あの市議会議員に対しても鵜飼教授にしても、内心は下に見ていてもいいけど、それが表に出すぎだ。東教授に対してもあそこまで喧嘩腰ではない。

唐沢寿明さんの財前五郎は、もっと内に込めた不遜さがあった。あくまで表向きは東教授は立ててたし、そっちのほうがリアリティを感じる。

里見の部屋に行って大河内教授の口利きを依頼するシーンにしても常に無粋だ。2003年版では、ケイの店で、衆人環視の前で、里見に土下座してでも協力を要請した。

「頼むよ里見…!これは俺の戦いなんだっ…!」

名シーン。

2019年版では、財前五郎が教授の椅子を欲しがる描写が少し弱く感じてしまう。

一回くらいアメイジング・グレイスかけて

前の方が良かったという声は多いけど、2003年版のBGMを使えば、さほど違和感なく見れるのではないかという話をしたが、実際この第二話で、財前が東に「そんなに私がお嫌いですか」と問い詰めるシーンで流れたBGMはとても重厚で、視聴者にもしっくりきたはずだ。

そもそも、一回くらい、シャレで『アメイジング・グレイス』をかけてくれないものか。ちょっとくらい、前作ファンに呼応してあげてもバチは当たらない。

ケイに母性がない

ケイに対する違和感は幼さだ。

どれだけ財前五郎が取り乱そうと凄もうと、黒木瞳さんのケイは、赤子の手をひねるようにあやしつけたものだ。それはまるで、駄々をこねても泣きわめこうと、よしよしと落ち着かせてあげる母親のように

沢尻エリカは色気はあっても、ケイに絶対的に必要な母性がないのが残念。

また、台詞回しがアニメの声優に聞こえる。アニメ版白い巨塔だったら完璧にはまるとは思う。 

大河内教授がスキップしそう

岸部一徳さんが、どうにも、圧倒的品行方正の大河内教授に見えない。

いまにもスキップして走り出して「みちこー!」って叫びそうな気がする。

または、これだけみんなの裏の顔が見え隠れするので、大河内教授も悪い部分があるんではないかと思ってします。

そう考えると、2003年版で、ここに品川徹さんをキャスティングしたセンスたるや

入れてくれよあのシーン

これは俺の戦いなんだよ里見!

これは先述した通り。ケイの店で里見に土下座する財前五郎の名シーン。

「頼むよ里見!これは俺の戦いなんだ!」

そしてこう返す里見。

「なあ財前、戦ってるのは君だけじゃないんだ」

そう言って去った里見のあとに財前に近寄るケイ。

「センセ。」

ケイの母性や、財前五郎、そして里見という人間性が、わずか3分のシーンに全てが集約されていた。

甘いお方だ

これは出ると思ったのに。椎名桔平さんの船尾教授がだんだん凄んできたから、出るかなと思ったけど、出なかった。むしろ『アウトレイジ』の水野みたいになってった。

どうも2019年版はみんな感情を表に出し過ぎのような気がする。おそらく医師はもっとプライドが高く冷静だろうから、簡単に感情的にはならないはず。

このドラマに登場する学識ある人たち独特の言い回しが、船尾教授「甘いお方だ」という一言に集約されていたのに。

ライバルはいても…友達はいません

2003年版の名シーン、末期がん患者である林田加奈子の悲痛の叫び。

「仕事ばかりしてきたから、恋人もいません。ライバルはいても、友達もいません」

と鼻水を垂らしながら泣き、里見に訴えかけるシーン。林田加奈子を演じた木村多江の伝説のファンファーレだった。

とんでもない女優だと、当時誰もが度肝を抜かれた。

まあ、林田加奈子の話自体、5夜しかないことを考えると、難しいだろうけど。

2003年とは徹底して戦わないのかも

これだけの名シーンがどれも出てこないことを考えると、名シーンを出してしまうと真っ向から比較されてしまうので、とにかく戦わないようにしているのかもしれない。

ただ、ここまで出てこないと、それはそれで意識しすぎという気もする。作品性として必要なシーンまで削ってしまうのはいかがなものか。

「白い巨塔2019」第二夜視聴率

11.8%。

思ってたよりもキープした。

今見るならこれ!