映画「ローマの休日」感想

f:id:sagitani_m:20190506045153j:plain

1953年製作のアメリカ映画。

意外と笑える

1953年制作の白黒映画。

楽しもうというより、それはどこか、勉強とか後学のためといった、「確認しよう」というニュアンスで向き合ってしまう。

ただ意外にも、あの記者二人のやりとりなんかは今見ても笑ってしまう。

あのカフェでのやりとりと、最後、主人公の部屋でのシーンでも、ナイスタイミングでやってくれる。ミニコント

映画自体もすごく単純明快な話で、ほのぼのと楽しめる

あと、トレビの泉、コイン後ろ向きで投げ入れるやつ。あれはないんですね。てっきり、この映画でやってるのかと思った。

はたして、世界のどれくらいのカップルが、この映画を一緒に観たんだろうか。

「ローマの休日」評価

★★★★★★☆☆☆☆