鷺谷政明の神映画レビュー

ゴッドファーザー好きな人向け

映画「レインマン」感想 自閉症の兄との一週間を描く名作

f:id:sagitani_m:20190506043625j:plain

1988年公開のアメリカ映画。主演はダスティン・ホフマン、トム・クルーズ。

サラッと終わるラスト

何かもっと感動させるような、ありがちなシーンが最後にあるのかなと思ってたけど、意外とサラリと終わってしまう。そこがよかった。

最後にベタな作りで変なものを持ってくるよりも、とにかく、あの二人のあの一週間を見せたかったんだろう。

最初は金目的だったのが、やがて兄弟愛へと変わっていく自閉症の兄との一週間を。

障害者役といえば

ダスティン・ホフマンの演技はすごかった。今でこそ、障害者の役は多いけど、この当時にしたら、もっと衝撃的だったと思う。

アル・パチーノの『セント・オブ・ウーマン』での盲目役といい勝負だ。

「レインマン」評価

★★★★★★☆☆☆☆