映画「ミッション・インポッシブル2」節操なきアクション要素全部乗せでもトムクルーズはかっこいい

f:id:sagitani_m:20190506030430j:plain

2000年製作のアメリカ映画。 ジョン・ウー監督。

(以下ネタバレを含みます)

 トム・クルーズがかっこいいだけ

この映画は、トム・クルーズ好きの人じゃないときつい。

俺は好きだからそんな辛くなかったけど。

だってトム・クルーズは本当にかっこいいもの。笑顔がイイ。あの笑顔はやられる。世の女達が騒ぐ理由がわかる。あれはかっこいい。

この映画は、とにかくトム・クルーズがかっこよく映ってる映画。オープニングのロック・クライミングのシーンとか。アクションシーンも基本的に無敵だし。

主人公特有のさ、銃とか絶対当たらないという。悪者はあっさり当たるのに。

もはやスパイ映画とは思えない薄い内容

前作と違って、完全なアクション映画になってて、ジョン・ウーの派手な演出でドーン、ドカーンという映画。

脚本はかなり幼稚。あの脚本を真顔で演じきれるのは、トム・クルーズくらいの男前じゃないと無理。

そもそも顔はぎを使いすぎるのは、脚本に自信がないからだろう。あれ使いすぎだよ。

ジョン・ウーのスパイ映画に無理がある

しかしジョン・ウーってそんなすごいかな。

最後の方のシーンなんてちょっときつくないか。バイクだって無理やりすぎる。

もっとスマートにバイク出せばいいのに、もう最後だし、何でもかんでも派手なもんでカッコつけようみたいな。

で、最後は砂浜で決闘。ヘリにカーチェイスに、アクション要素の全部乗せみたいな。節操ない。

そもそもスパイ映画でジョン・ウーを起用した時点で、ちょっと違う。

シリーズ化したくなったんだけど、いい脚本も思いつかなかったから、ジョン・ウー呼んでアクション映画にしちゃおうみたいなノリだったんじゃないか。

早い話しが、トムクルーズファンじゃない人は、本来は予告編だけで十分。

ジャッキー最強説

こういう映画観ていつも思うのは、ジャッキー・チェンの凄さ。魅せるアクション。笑わせるし、驚かせるし、冷やっともさせるし、ドン引きもさせるけど、やっぱりかっこいいアクション。

アクション俳優ではないトム・クルーズがあれだけのアクションやれるのは凄いことだけど、やっぱりジャッキーチェンの超人ぶりにはかなうわきゃない。

とにかく、この映画は女性向けです。トム・クルーズにキュンとくるはず。あと、リンプ・ビズキットの音楽はカッコよかった。

「ミッション・インポッシブル2」評価

★★★☆☆☆☆☆☆☆