ドラマ「集団左遷」第一話視聴率とネットの反応 福山・三上・エレカシの違和感

f:id:sagitani_m:20190424175647j:plain

原作者は、江波戸哲夫さん。

池井戸・福沢作品ではない

日曜劇場であり、銀行がテーマであり、香川照之さんが出てるとなると、どうしても池井戸潤原作の、福沢演出かと思ってしまいがちだが、これは違う

ただ、限りなくそのテイストに近い作品ではあり、TBSが池井戸×福沢に次ぐ、新たな作品を生み出そうとしているように見える。

第一話を見た限りでは、池井戸×福沢作品に様々なドラマの良いところ取りをしているような演出に見えた。

現状見てる限りでは、ものすごく面白いわけでもないけど、ものすごくつまらなくもなく、あらゆる時代の成功例だけを抽出しているようで、可もなく不可もなくといったところ。

第一話視聴率は13.8%

池井戸×福沢タッグを彷彿させるようなプロモーションで、第一話の視聴率は13.8%と好調。

第二話はほぼ横ばいだろうけど、第三話で命運分かれると思うので、第二話で相当なものを持ってこないと、もしかしたら転落の可能性もありうる。

ネットの反応

ビジネスジャーナルによれば

  • 福山の演技が下手すぎてびっくり
  • 福山って大根役者だな~。演技がわざとらしすぎる
  • 演技が下手なせいでもはやコントだな
  • 大げさな顔芸が恥ずかしいし寒くて見てられない
  • 主演の一人だけ演技が下手ってどうなの? 力入りすぎじゃない
  • この歳で演技が下手ってもう終わってるな
  • やりすぎてただのキモいおっさん
  • いいのはルックスだけだな

といった視聴者の声が寄せられているという。

biz-journal.jp

木村拓哉さん然り、こういった注目される俳優は、探せばいくらでも否定コメントは拾えるし、それをまとめればさもそれが世間全体の声のように印象付けさせることは容易い。

かといって、福山雅治さんファンはドラマのクオリティ以前に福山雅治さんを見るだけで満足してしまえるので、ここではあくまでドラマのおもしろさだけに特化して見ていきたい。

福山雅治の違和感

福山雅治さんの当たり役は『ガリレオ』であり、それ以外の作品において、「演技がうまい」という印象はあまりない。

ただ、このドラマにおける福山雅治さんの芝居は上手い下手のそれではなく、結局は演出によるところが大きいと思う。

正義感が強く、熱く、不器用だけど、がむしゃらで、感情が分かりやすく、キャラクターが明快な人物像を求められているんだろう。

主題歌『俺たちの明日』の違和感

福山雅治さんの演技が浮いて見えるのも、他の役者さんの演技やBGMなど、全てがバラバラで統一感がないので、そこから生じる違和感なんだと思う。

その象徴がこの主題歌で、確かに本作のテーマにこの曲は完璧のチョイスだけど、作品自体がいろんなドラマのベスト版的な作りなので、どうにもまだしっくりは来ない。

エレファントカシマシのこの曲は、このドラマに反して、完璧な一貫性を持った歌なので、このドラマの中では浮いて聞こえてしまう。

であれば、なんら当たり障りない個性が薄い主題歌のほうが、このドラマには馴染んだかもしれない。 

三上博史の違和感

この場合の違和感はとてもよく作用してるように思う。

芝居の技量は、香川照之さんを喰えるくらいの実力者であることは間違いない。

そんな人がポツンと入っているキャスティングは実に興味深い違和感だ。

そもそもこれだけの実力派が、なぜこれだけ長い期間地上波に姿を見せる機会が少なかったか疑問だ。

性格に難ありなのか、個人事務所だからなのか、ここはちょっとわからないけど… 

叡智の集合体

一時期、読売巨人軍がスター選手を次々と招き入れるも、結果がまるで振るわなかった時代があった。

サッカー然り、スター選手を集めさえすれば結果が出せるということはない。

このドラマは、様々なドラマ制作における叡智を結集しているかのように見える。

それがどこまで視聴に耐えうるか。または、このドラマ独自の個性を出していけるか。

やっぱり最後は主演にかかってくるところも大きいかもしれないけど、次回も楽しみにしたい。