「ウォーキング・デッド シーズン8」感想・評価 カールの思い届くか(ネタバレあり)

f:id:sagitani_m:20181224222514j:plain

『ウォーキング・デッド』シーズン8を全て観た。

未見の人はここから下は見ないように。

ピークは過ぎた

シーズン8まで観て思うのは、おそらくこのドラマのピークはシーズン6くらいまでだろう。5くらいまでという人もあるかもしれない。

それでもこのドラマのファンとして、7、そして8まで観た人にとっては、本作、シーズン8がピリオドだろう。

実際、ここが一つの区切りとなっているような作りであった。エンディング曲も静かだったし。

「ウォーキング・デッド」の魅力とは

本作の一番魅力は人間模様だ。

争いがあり、喧嘩があり、不倫や不貞があり、すれ違い刈り、そして和解があり、恋があり、肉親があり、友があり。

結局一番のおもしろさは人間ドキュメントだ。

このドラマの見事なところは、きちんとそこに比重を置いてきているから、続けてこれた。

つまり、このドラマは半永久的に続けることが出来る。まさに『渡る世間は鬼ばかり』シリーズである。私はこのドラマを人に勧めるときは、「ゾンビ版渡鬼」と紹介している。

強さのインフレ

行き違う人間模様は、ウォーカーに支配された世界だからこそ起こることであるが、そのウォーカーの世界にさすがに飽きが出てくる。

リックたちは雪だるま的に仲間を増やし強くなっていくが、それももうニーガン編で十分だろう。

このあと、またニーガンより強い連中が出てきても、もう飽きる。『ろくでなしBLUES』で、葛西より強い奴が出てきても、「もうお腹いっぱいっす」となるのと同じだ。

シーズン8の感想

モーガンの退屈さ

こういうドラマにおいては、どうしてもモーガンの自問自答が退屈に感じる。

味方するならする、消えるなら消える、いい加減はっきりしろと言いたくなる。そんな視聴者は私だけではないはずだ。

彼は『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』にも出てくるらしいから、そのフリだった、またはキャラクターの格を上げておきたかったから、登場シーンを増やしたのかもしれない。

ミショーンの女っぽさ

前シリーズで衝撃を与えたミショーンとリックの恋

えええええええええ

と全米が泣いたに違いない。

そこからかどうもミショーンが艶かしく女っぽくなっていっちゃって、全然慣れない。あれだけ孤高の女戦士だったのに。

シーズン8でも妙に女っぽい描写が多く、なんだかなあ、という感じであった。

目が肥えた視聴者をも裏切る見事な展開

本作のラストのユージーンの活躍は見事であった。

つまりは、ユージーンが最後に反旗を翻すということを視聴者に悟られないように作られたといっても過言ではないような作りだったとも言える。

まさか銃が暴発するとは思えなかった。

リックたちを包囲し、シーンとしては、これから撃つか撃たないかわからないくらいのところで暴発シーンをあのアングルで入れる見事さ。この制作チームはどの海外ドラマよりも優れている

ここまで本作を観てきた目が肥えた視聴者さえも鮮やかに欺いた瞬間であった。

こういうのがあるからこのドラマはおもしろい。

カールの手紙

きちんと引っ張っていっただけあって、最後はカールの思いがリックに届いたというところか。

そんなものは無視して、リックは復讐の鬼と化すに違いないと思っていたし、ニーガンの喉を切ったときも、「やっぱり」と思った。

しかし、あそこから助けるという展開は予想外だった。

ただ、それならなぜリックはあのとき、喉を切ったのか。

まさに首の皮一枚を殺さない程度に斬りつけたというのか。まるでミショーンのような剣さばき。

視聴者に「やった!殺した!」と思わせたかったのだろうか、さすがにあのあと「ニーガンは生きる!」というのは無理があるような気はした。

シーズン9はどうなるか予想

私は海外ドラマは「日本語吹き替え・字幕表示」で観る派なので、シーズン9のレンタル開始まで、また一年おあずけとなる。吹き替えはDVDレンタルしかないから。

なのでシーズン8を見終わった今、シーズン9の予測をしてみようと思う。

ちなみに、字幕版はAmazonプライムでシーズン1から全部観れる。

まず、ニーガンや提督のようなライバル出現はないだろう。理由は先述した通り。

リックとニーガンが手を組んで、新たな強敵を倒す…なんてのもおもしろいかもしれないが、それこそ先述した『ろくでなしBLUES』で四天王が協力して大阪の川島を倒すような少年ジャンプと同じことになってしまう。

内紛

予測されるのはここだ。

すでにマギーが、ニーガンを生かしたリックに不信を抱いている。

ニーガンを殺すべき理由を作るためのなにかを仕掛けるのかもしれない。

そこにダリルもいる。

リック・ミショーン vs マギー・ダリルという構図は考えられる。

ウォーカーの真実

でも今更そんな内輪揉めも、さほどおもしろくはない。

であれば、いい加減この世界になった真実に近づいてもいい頃ではないか。

ウォーカーはなぜ生まれたのか。あの病原菌?はなんなのか。

政府の動向

この物語はあくまでリックの回りだけの世界を描いているが、その他の世界はどうなっているのか。

政府は、国はどうなったのか。イギリスや日本はどうなっている。

そもそも、ゴミ山に現れたヘリコプターはなんだったんだ。

この世界でヘリって、政府機関かなにかか。

シーズン9ではこのあたりの真実に近づいていくのではないか。

原作漫画との兼ね合い

そもそもこのドラマは漫画原作だ。

私はもちろんその漫画について調べたことはない。先のストーリーを知ってしまう可能性があるからだ。

なので、「ウォーカーはなんなのか」に関しては、原作がどうなるか次第によるだろう。だからなんとも言えないところではあるが、さすがにこのドラマも2010年からやっているため、リック(アンドリュー・リンカーン)の動向も影響するだろう。

ギャラは相当跳ね上がって来ているだろうが、8年同じドラマに出続けるのは、役者としては辛いところもあるはず。

『ウォーキング・デッド シーズン8』 評価

★★★★★★★☆☆☆