「ブレイキング・バッド シーズン3」感想・評価 ハエ追いすぎピザ乗りすぎ(ネタバレあり)

f:id:sagitani_m:20181210021923j:plain

ブレイキング・バッド シーズン2ではとにかく見る者全てをイラつかせるジェシー。

そんなジェシーとの間に生まれてくる友情劇がシーズン3の見どころだ。

(以下ネタバレを含みます)

ジェシー イラつく

このドラマの視聴者心理として一番にあるのが、ウォルターの成功だ。

次にあるのが、ジェシーとのチームワーク。

それを毎回自らの手で壊して、騒いでいるのがジェシー。

見ていて本当にイライラしてくるのは私だけではないだろう。

全米がイラついたに違いない。

しかしこのシーズン3では、二人が深い絆で結ばれていたことに気づく。

ジェシーもそれにようやく気づいてくる。

ウォルターの成功、そして、ジェシーとのチームワークが見れ、このドラマの面白さはいよいよ軌道に乗り出す。

スカイラーとの終焉

そんな中、とうとうスカイラーに愛想をつかされてしまう。

ウォルターにとって、全てといってもいい家族との絶縁。

ようやく娘が生まれたにも関わらず、なんとも無念。

視聴者のストレスがまた1つ増えてしまった。

一難去ってまた一難である。

見やすくなるテンポ感

当然そういった障害はドラマ演出上必要なものであって、ストレスとは言っても、そこがまたおもしろさである。

本当のストレスは、無駄な引っ張りや演出であるが、シーズン3にもなってくると、かなりテンポ感が良くなり、物語にスピード感が出てくるので、見ていて退屈しない。

このシーズン3から、一気に加速していったように思える。

ハエ追いすぎ

シーズン3には、ラボに入った一匹のハエを追うだけの話がある。

どうやら制作予算がなく、こういう回になったというエピソードもあるそうだが、まあ、この主演のブライアン・クランストンは、シーズン1から一貫してコメディな演技がうまいから、ハエを追う一人芝居だけで、間をもたせることができる見事な役者とも言える。

ピザをぶん投げて屋根に乗っちゃうのとか、どういうことなんだと思った。しかもあれは一発で成功したんだとか。

『ブレイキング・バッド シーズン3』評価

★★★★★★★★☆☆