映画「秘密」感想 みんな広末涼子の濡れ場狙いだった(ネタバレ)             

f:id:sagitani_m:20180601194402j:plain

1999年公開。東野圭吾原作。

東野圭吾自身も、大学教員役で1シーンのみ出演している。

(以下ネタバレを含みます)

感想

結局なんだっけ?

当時この映画を観た男が、10人いたとしたら、うち2人か3人かは、いや、5人、いや、7人8人は、広末の濡れ場狙いだったに違いない

で、映画。これは、結局どっちだったんだか、忘れてしまう。

結局、娘の1人芝居だったのか、でも、最後の最後でそう思わせたと思ったら、やっぱり母が出てくるんだったか。

やっぱり俺も、濡れ場狙いだったということか。

「秘密」評価

★★★★☆☆☆☆☆☆