映画「ニューシネマパラダイス」感想 こち亀の回想記のような心温まる作品(ネタバレあり)

f:id:sagitani_m:20180531052148j:plain

1988年公開のイタリア映画。監督はジュゼッペ・トルナトーレ。

エンニオ・モリコーネの手がけるサントラ『愛のテーマ』も話題となった。

(以下ネタバレを含みます)

感想

涙が出ない感動

この映画では、今まで味わったことがあるようで意外となかった、そして、どこかで味わいたいと思っていた「感動」を受けた感じがした。

涙もろい方だけど、この映画では涙は出なかった。

じんと胸に染み渡る感動。

イタリアを学ぶ

昔のイタリア人やドイツ人って、みんなハンチングキャップや、キャスケットをしていてとにかくかっこいい。

そして、当時からイタリアにはサッカーくじ、つまりトトカルチョがあったんだと知る。

野外上映映画もそうだ。あんな野外で、みんなで映画を観てみたい。

自然とイタリアの生活が身に入ってくるような映画だ。

イタリアと浅草は似てる

幼少期のトトを描いた1940年代、1950年代頃のイタリアは、まるで昔の浅草のようだ

「こち亀」の回想記に出てくるような、あんな下町を彷彿させるものがあった。

ワルガキがいて、気の短いおっさん達がいて、前後に戦争があって。

実際「こち亀」でも、古い映画館をテーマにした話があったような気がする。

そう思ってから、スッとあの雰囲気に馴染めていけた。

名言の数々

それから、全体的にセリフがすごくよかった。

あのおじいさんのセリフ、サルヴァトーレのお母さんのセリフ、他にも、街の人たちのセリフにしても。

男は初恋の人がずっと忘れずにいて、女は結婚をして子供もいる。最後に男は「今からでも」と促すが、女は断る。この辺の構図は今の現代日本においても、実に親近感を覚える。

作り物感がない

まるでサルヴァトーレの生涯を、本当に何十年もかけて創られたような気さえしてしまう。

当然、人の手によって創られた間違いなく「映画」なんだけど、そういう感じがあまりしない。

「海の上のピアニスト」と、同じ監督なだけに、やはりどこか通ずるものがあって、あの映画も、涙は出ないけど感動した映画だった。

間違いなく、もう一度見るであろう映画。 

「ニューシネマパラダイス」評価

★★★★★★★★☆☆