映画「ナチュラル・ボーン・キラーズ」感想 優秀な監督2人が組むとつまらない映画になる(ネタバレあり)

f:id:sagitani_m:20180528190157j:plain

監督はオリバー・ストーン、原案はクエンティン・タランティーノ。

1994年公開。

(以下ネタバレを含みます)

感想

キャスティングも設定も全部ダメ

色んなことを試してみたかった、やってみたかった、感性をぶつけてくる、そういった点では『バッファロー66』と似ているけど、この映画は全く駄目。

全てがダサイ。田舎者がつくった映画という気がする。

オリバーストーンだろうと、タランティーノだろうと、つまらないものはつまらない

まず、明らかにキャスティングミス。

それと、あの女、恋愛感情だけはなぜか普通。

あんだけ狂ってる男に自分も狂いながらついてったくせに、ちょっと浮気心があるだけで、フツーに嫉妬する。ちょっと恩を受けた相手を殺すと、二人ともあたふたして、喧嘩する。どっちやねん。

あの二人のキャラがはっきりしない。

ストーリーも安易

ストーリーにしても、あの二人がヒーローになっていく描写も中途半端だ。

あれだけでも多少ヒーローになるものの、劇中では、かなりのヒーローになっている。

あそこまでのヒーローになるには、もう少し何かが必要なので、そこも安易。

新しいことしよう!需要ゼロ

スタイリッシュさも、ユーモアさもたいしてないし、どこがおもしいんだかよくわからない。

とにかく、「人と違うことをしたい」というだけでつくられたような映画

人と違うことをするというのは、人と同じことをしてもある程度のクオリティが担保できる人がチャンレジできる領域

相当のセンスが必要だし、多分、この映画をおもしろいという人たちは、この制作陣と同じ、ただ、人と違って見られたいという願望があるだけの人だと思う。

あの二人が逮捕された後、つまり後半からはだいぶよくなってきた。

メッセージ映画

この映画はメッセージ的な意味合いを込めたらしいけど、どうだろう。

大衆やメディアに対する皮肉なんだろうけど、どうもピンとこない。いまいちパッとしない。

「ナチュラル・ボーン・キラーズ」評価

★★☆☆☆☆☆☆☆☆