映画「デッドマン」 感想 ジム・ジャームッシュのすごい映像美!と通が語る映画

f:id:sagitani_m:20180528184501j:plain

1995年作品。ジム・ジャームッシュ監督による全編モノクロ映画。

舞台は19世紀後半アメリカ西部。

感想

映画通が語り合う映画

この映画は、映像や美術なんかが評価されるであろう作品。

確かに印象に残るシーンは多かったけど、これはもう完全に映画通向け。

「ああ、さすがジム・ジャームッシュ、見事な映像美だ!」と。

インディアンとか殺し屋とか出てくるけど、馬にまたがってドンパチやったり、バーテンでウイスキー飲んだと思ったらまたドンパチとか、そういう、いわゆる「西部劇」ではない

この映画の音楽はニール・ヤング

この映画で印象に残ったのは、ジョニー・デップのカッコよさと、ニール・ヤングの音楽と、カメオ出演のイギー・ポップ

ただたまに観た人で、それがゴッチャになってか、たまに「あの映画は音楽がいいよね、イギー・ポップの」って言う人がいる。

イギーポップはミュージシャンだけど、この映画の音楽はニール・ヤングです。

とにかくこの映画を造形深く語りたい気持ちはわかるけど、ものすごい序盤で間違えてしまっている。

「デッドマン」評価

★★☆☆☆☆☆☆☆☆