鷺谷政明の神映画レビュー

ゴッドファーザー好きな人向け

映画「ターミネーター2」感想  シリーズ最高傑作(ネタバレあり)

f:id:sagitani_m:20180526234643j:plain

1984年の映画『ターミネーター』の続編として製作された1991年のアメリカ映画。

監督は『タイタニック』のジェームズ・キャメロン。

(以下ネタバレを含みます)

感想(ネタバレ)

シリーズ化したものは2が一番おもしろい

ヒットしたもののシリーズものは3までが限界だと思う。

そして、たいてい2が一番おもしろい

1を観ているからこそ、楽しめる要素も満載で。

3はさすがに飽きてくるので、1と2の実績だけで押し切れるかどうかが大事になる。

秀逸な脚本

脚本の発想がかなりいい。

ジョンを殺しにくるT2000 、それを阻止しにくるターミネーター。

パート1では、ターミネーターという、サイボーグそのものが衝撃だったわけだけど、 2も似たようなターミネーターじゃ当然新鮮さにも、迫力にも欠ける。

そこで現れたのが液体金属という、ロボットと呼べるのかどうかも難しい、ある種無敵のターミネーター。

撃たれた穴だけなぜかショボい

T2000が復活するCGは今観てもスゴイのに、胸のあたりや腹のあたりを撃たれた直後の穴だけは、なぜあんなチャチイのだろう

T2000は撃たれるとそこに銀色の穴というか、波状みたいなのが広がるわけだけど、なんだか、銀紙というか、アルミホイルみたいなのでくっつけただけみたいな

T2000の設定がフルに活かされている

それ以外はあのT2000というターミネーターはかなり完璧だったと思う。

腕を剣にしたり、鉄格子をすりぬけたり、触れた人間に変身できたり。

あの設定をフルに活かせてたと思うし、観ててもおもしろかった。

この映画は、笑いあり、感動あり、アクションありの、まさにジェームズ・キャメロンらしい作品。

タイタニック同様、王道を気持ちいいくらい疾走してくれるから、下手なことはしないし。

sagitani-eiga.hatenablog.com

表情を変えてはいけないアクションシーン

アクションシーンの表情はすごく難しかったと思う。

基本的にはロボットだから、表情を変えてはいけないわけで。

そこが大変だったと思うんだけど、2人ともロボットとして徹していて、完璧だった。

だからこそ、たまに見せるちょっとした違う表情なんかも良い。

突っ込むか、入り込むか

やっと追い詰めたT2000は、なんであんなゆっくり歩いてくるんだ、とか、あんないいタイミングで助けが入るかよ!とか、突っ込もうと思えばいくらでも突っ込めるところはある。

だけど、入り込ませてくれていれば、そんなこといちいち思わないし、わざわざ偏屈屋になろうとも思わないわけで、だからあのラストシーンにもグッとくる。

やっぱり、この監督はスゴイと思う。

「ターミネーター2」評価

★★★★★★★★☆☆