映画「タイタニック」感想 世界歴代興行2位の名作(ネタバレあり)

f:id:sagitani_m:20180526224928j:plain

ジェームズ・キャメロン監督・脚本による1997年のアメリカ映画。

世界の歴代興行ランキング2位、国内興行ランキング2位。

(以下ネタバレを含みます)

タイタニック旋風

当時のタイタニック旋風はすごかった。

どこを見ても、あの船頭のシーンに、セリーヌ・ディオンの曲ばかりで。

きっとこれは、世界的にもそうだったと思う。

これだけのインパクトになってしまったこともあって、ディカプリオとしてはこのあと一発屋的扱いにもなった。

実際、このあとに彼が選んだ作品がやっちゃったのもある。

sagitani-eiga.hatenablog.com

多い泣きどころ

 

 

『タイタニック』はどこで泣くか、というので当時はみんな話してた。

この映画は泣き所が一ヶ所ではない。

例えば、沈没しそうになっても演奏をやめない演奏家たちのシーンとか。

ダンスのシーンも良い。ディカプリオが巧みなステップ披露すると、ケイトも、あたしだってできるわよ、と、見事なステップでディカプリオについていくシーン。

「世界は俺のものだ!」ってレオナルド・ディカプリオが叫ぶシーンだって、ちょっと宣材用っぽい気もするけど、でも、許せちゃう。

映像のすごさだけではなく、至るところまで細かく丁寧に作られているのがわかる。

パート2制作の噂があった

当時はパート2の噂もあった。

でもやはりみんな冷静で、世間の声は「やめてくれ」といったものだった。

それでも、ほんとにパート2やってたら、みんなとりあえず観には行くんだろうけども。で、がっかりして会場をあとにするだろう。

「タイタニック」評価

★★★★★★★★☆☆