映画「スコア」あらすじ感想 ゴッドファーザーの共演

f:id:sagitani_m:20180524133847j:plain

2001年に公開されたロバート・デ・ニーロ主演のアメリカ映画。

スコアとは「泥棒」を意味する隠語。

本作がマーロン・ブランドの遺作となった。

あらすじ                

決して失敗を犯さない金庫破りの名手、ニック(ロバート・デニーロ)は引退を考えていた。

そんな矢先、彼の盗難ブローカーでもあり、長年の友人でもあるマックス(マーロン・ブランド)は、彼に不可能としか思えない盗みの話を持ちかける。

ニックはこれを自分の最後の仕事とし、倒産の危機にあるマックスにとっても大勝負だった。

そして、マックスは若き才能、ジャック・テラー(エドワード・ノートン)を迎える。

彼らは着々と犯罪の計画を進めていく。

しかし、日に日に3人の関係は崩れていく。果たして”スコア”は誰の手に。

感想

ストーリーの新鮮さがない

可もなく、不可もなく、といったところの映画。

普通に楽しむことはできる。

映画は2001年の映画だけど、もっと前にやってたらもっと楽しめたと思う。

でも今やいろんな映画が出てるわけで、それこそ目の肥えた人たちにとっては、そこまでのドキドキはないと思う。

なのでやっぱり最後のオチはあっさり読めてしまった。

ゴッドファーザー二人の共演

ただ、マーロン・ブランドとロバート・デ・ニーロということで、そこだけでやっぱり観ることはできてしまう。

ここにエドワード・ノートンがいるっていうのも良い。

のちにエドワード・ノートンは「脚本は好きではなかったけど、ロバート・デ・ニーロとマーロン・ブランドと自分がポスターに写っている事を想像したら、出演したくなった」と言って出演を決めたとていう。

エドワード・ノートンだって役者の前に、いち映画ファンでもあるわけで、そうそうでしょうね。

また、この映画の中のロバート・デ・ニーロと、マーロン・ブランドの会話は、ほとんどが即興だったと言われている。

全部が全部ってことはないけど、台本の大筋だけ踏襲して、言い回しなんかは全部アドリブでやった、ということなんだろうけど、監督(フランク・オズ)やりにくかったろうな…

「スコア」評価

★★★★☆☆☆☆☆☆