鷺谷政明の神映画レビュー

ゴッドファーザー好きな人向け

映画「キャストアウェイ」感想 まるで実話のようなリアリティ(ネタバレあり)

f:id:sagitani_m:20180516201719j:plain

1994年の『フォレスト・ガンプ/一期一会』以来2度目となる、ロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演作品。2000年公開。

この年のアカデミー賞ではラッセル・クロウの『グラディエーター』に惜しくも敗れた。

感想

実話と思うほどのリアリティ

この映画は実話と思われがちだけど、実話ではない。

現代版ロビンソン・クルーソーのようであり、ロビンソン・クルーソーもフィクションなんだけど、実在する人たちの漂流記などを参考にしたところから、この映画も実話と勘違いする人が出てきた…、というより、単純にこの映画がとてもリアリティがあるから、そう思う人が増えたのかもしれない。         

グラディエーターよりおもしろい

この年のアカデミー主演男優賞は『グラディエーター』のラッセル・クロウだったけど、どっちが面白かったかって言われると、『キャストアウェイ』。

sagitani-eiga.hatenablog.com

当時、かなり賞は争った、というか競ったみたいだけど。

ラッセル・クロウの男気もよかったけど、トム・ハンクスも負けてなかった。

ラッセル・クロウは、まさにグラディエーター(剣闘士)になりきるためにマッチョに身体を絞ったみたいだけど、トム・ハンクスも、最後の方はまるで別人。

この映画のために22.7kgも減量したそう。

(以下ネタバレを含みます)

ロケ地はフィジーのモンドリキ島

『キャスト・アウェイ』の無人島のロケ地となったのは、フィジーのモンドリキ島

ここは、最近勢いのあるインド映画がこのフィジーを舞台とした映画を撮ったりしている場所でもあって、日本でも今後ロケ地として使われることがあるかもしれない。

バレーボールのウィルソンがいい

飛行機墜落後や、海の波なんかも、ものすごい迫力あった。一瞬、『パーフェクトストーム』かと。

あと、バレーボール。ウィルソン。

この映画におけるあの存在はかなり大きい。あれがあるとないとでは全然違った。

あれこそが、映画上においてだけのリアルさのような気がした。

そして、だんだんウィルソンに人格が見えてきてしまうような気がする、トム・ハンクスの技量には脱帽。

やはりこの年の最優秀を獲ってほしかった。

ちなみにトム・ハンクスがアカデミー最優秀主演男優賞を獲ったのは、1995年の『フォレスト・ガンプ』と、1994年の『フィラデルフィア』の2回。

この時は2年連続受賞で、無双状態だった。

「キャストアウェイ」評価

★★★★★★☆☆☆☆